PMSに良いとされる食事としはは大雑把に言えば、まんべんなくたくさんの食材を摂取することが重要です。偏った食事内容では、必要な栄養素も取りきれないことが多いので、出来れば多種多様な食材を意識して取ることが大切です。

ですが、そうは言っても普段の生活でたくさんの食材を料理するのも一苦労。そんな時は、PMS対策としていくつかピンポントで選んだ栄養素を取ることも可能です。ビタミンB、ビタミンE、マグネシウムが多く含まれる食材はPMSの症状緩和に効果的とされているので、積極的に摂取することが望ましいとされています。

ビタミンBでいえば、胚芽米や納豆が代表的です。ビタミンEは魚等に含まれています。マグネシウムはひじき、コーヒー、抹茶に含まれています。これらの食材を選んで摂取することで、PMSの症状の緩和を期待できます。あくまでも必要最低限の効果的な栄養素なので、本来は出来るだけ普段から規則正しく食事を摂ることが重要です。

さらに、ホルモンバランスを整える成分もきわめて有効です!そこでぜひ摂取したいのがチェストツリーと呼ばれるハーブ。南ヨーロッパ原産の木ですが、はるか昔から生理痛をやわらげるとして人々に愛されてきました。いまはチェストツリーのサプリが発売されているので、手軽に摂ることができますよ(^_^)

PMSに効くとされる漢方はいくつかあります。加味逍遥散、桂枝茯苓丸、半夏厚朴湯、当帰芍薬散、桂枝加竜骨牡蛎湯、抑肝散がそれらです。それぞれの漢方はその人その人の症状に合わせて処方されるものなので、概して誰にでも効き目があると言われる漢方薬はないようです。

また、PMSは病名と言うよりは、症状全般を意味する名称であるため、漢方薬も特効薬とされるものは存在しません。のぼせがある、頭痛があるなどの症状を一時的に改善するために処方されるものであるため、PMSと言ってもひとそれぞれ服用する漢方薬も違うため、統一性はありません。

加えて、PMSだからとふさぎ込んでいては、症状の悪循環なので、体がある程度動いても大丈夫な状態であるならば、気分をリフレッシュさせるような解消法を持つことも大切です。漢方だけに頼らずに、前向きに症状と向き合って、上手に付き合っていくために漢方を服用することを一つの方法として、使用していくことが大切です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>